マンUのダレン・フレッチャー、本当の病気はUCだった!?

「マンUのダレン・フレッチャー、本当の病気はUCだった!?」の有益情報をお届け!

日々是戦也 〜潰瘍性大腸炎 奮闘記〜

潰瘍性大腸炎患者体験記。食事や薬、サプリメントやトイレ事情、治療法などを紹介中。

2011年12月14日

マンUのダレン・フレッチャー、本当の病気はUCだった!?

スコットランドのサッカー選手、ダレン・フレッチャーも潰瘍性大腸炎だそうです。
当初、ウイルス性の病気だと言われていたそうですが、治療に専念するため、正式に公表されたそうです。
 
名門マンチェスター・ユナイテッドの選手でもあり、スコットランド代表メンバーでもあるダレン・フレッチャー。
世界も注目するチームに所属し、相当なプレッシャーの中での治療は大変ですもんね。
 
早く落ち着いて、またいいプレーを見せて欲しいですね。
 
 
PS.
ダレン・フレッチャーと同じ潰瘍性大腸炎と戦っているサッカー好きのお子さんのクリスマスプレゼントにいかが?
「お前もあきらめなければマンUでプレーできるぞ!!」
 




今回の記事はいかがでしたか?お役に立てたらポチッと1クリックしてね!!
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村

posted at 08:00 | 新潟
Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:日記
エントリー:マンUのダレン・フレッチャー、本当の病気はUCだった!?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
オーグメンチン
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。